pagetop
お問い合わせ・ご予約はお気軽に メールでのお問い合せはこちら
神戸ライトハウス
文字サイズ
お問い合わせ・ご予約はお気軽に

 

事業紹介

マッサージ事業

マッサージを通して社会に貢献する

マッサージ事業

昔から「あんま・マッサージ・指圧師」は視覚障害者の専門職であり、 社会参加の手段として、特別支援学校を中心に技術を習得する事ができ、 国家資格として国より認められている、視覚障害者にとって大切な職業 です。
しかし近年、無免許マッサージの普及により、視覚障害者の職域を冒す 事態がおきています。
神戸ライトハウスでは、施術技術の向上だけではなく、職業習慣の確立、 マナー、あいさつや身だしなみ、コミュニケーションの確立に向けての 支援を行っています。
また訪問マッサージを普及させ、要介護者を増やさない社会の実現を目指して、医療の補完的な役割として地域社会に貢献していく事を理念と しています。

技術研修・マナー研修・系列会社でのマッサージ業務

技術研修・マナー研修・系列会社でのマッサージ業務

マッサージ事業では、視覚障害の利用者によるマッサージを作業として行っております。リラクゼーションサロン『気分転館』にご来店の一般のお客様に対してマッサージを提供し、その施術料を工賃として支給しています。

『気分転館』 : 神戸市中央区旭通五丁目3ー4 アクティブ88ビル4階

工賃:完全出来高払い
※施術した人数と施術時間に応じて、工賃が支給されます。

利用時間:10:00~20:00の間(店舗営業時間)の間で、シフト制。週3~5日程度勤務
休日:シフトによる(受給者証のサービス提供日数に準ずる)

一般就労に向けての展望

神戸ライトハウスでは、施術技術や接客能力に優れた利用者に対し、関連企業への就職、他企業への紹介を行っております。
すでに何人もの方が就職され、一般企業でお仕事をされています。

●事例
外資系企業のヘルスキーパー、接骨院での訪問診療の往診、デイサービスのマッサージ師etc.

利用者の声

利用者の声

Iさん

● この事業所を知ったきっかけ
前職の仕事中に緑内障で視力が悪くなり、仕事を継続できなくなり退職しました。
ハローワークで仕事を探しても、掃除などの単純労働や倉庫の整理などで、32年サラリーマンとして営業の仕事を第一線でやってきた自分にとっては、受け入れがたいものがありました。
失業保険も切れた頃、神戸市障害者就業・生活支援センターに相談に行ったところ、偶然「神戸ライトハウス」のパンフレットをみつけました。
パソコンの勉強ができるということだったので、電話したところ、理事長が電話に出られ、ひとまず会うことになりました。
理事長には「マッサージもやってみたら?」と軽い感じで言われ、サラリーマンで頭脳職だったので、体を使う仕事への抵抗感、体力的なことも含めできるか不安がありましたが、理事長の「僕に任せなさい」という言葉に押され、マッサージをすることになりました。

● 利用してみて、大変と思ったこと、楽しさ
研修が始まると、とても丁寧な指導で、自分も管理職として指導した経験から、研修内容の素晴らしさに感銘を受け、間違いないと確信をもって取り組むようになりました。
3か月程度でデビューとなり、初日はめちゃくちゃ緊張しました。最初はただただ必死でやっていましたが、自分が担当したお客様が1週間後に指名してくれたことが、最高にうれしかったです。
まったく違う仕事と思っていましたが、自分がこれまで働いていた営業の仕事に通ずるものがあると感じました。お客様に対して商品(マッサージ)を提供すること、仕事への取り組み方は全く同じであると思い、マッサージの仕事をする事に確信をもてるようになりました。
「マッサージは営業である。」
マッサージに正解はありません。お客様との会話も含め、ご満足いただけるためには日々努力だと思います。
そしてお客様に喜んでもらうことの達成感、それの最たるものが指名をもらうことだと思っています。

● 今後の目標
今以上に指名をとること。

● 視覚障害でお仕事に悩んでおられる方へ
同じような境遇で仕事を失った人がいれば、こんな仕事もあるよ、一緒にやっていこうと声をかけていきたい。
勇気をもって、門をたたいてほしい。
収入については、世間一般から考えれば決して多い方ではない。しかしながら仕事に対するやりがいや面白さを考慮すると、対価が見合わないと思わない。
やりがいと収入が結びついてくる職場だと思います。

サービスご利用の流れ

当事業所の障害福祉サービスは「就労継続支援B型」です。ご利用に関しては一定の条件を満たしている事が必要です。

01

お問い合わせ

まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。
ご利用できる対象者の範囲や、当事業所のサービス内容について簡単にご説明します。

02

ご見学

日程を決めて頂き、実際に当事業所をご見学いただけます。
ご家族の方や支援者の方もご見学可能です。ご見学の際に、資料等で詳しくご説明いたします。

03

申請

『障害者サービス受給者証』の交付のためお住まいの市区町村の役所にある、障害福祉サービス課に申請していただきます。
申請はご本人のみで代行はできませんが、申請の際の同行やお手伝いは可能です。障害者手帳と書類の提出で行います。
申請の仕方や同行の有無についてはご相談ください。

04

認定調査

申請すると市区町村職員・ケースワーカーがご自宅に訪問するか役所にて面談を行い、認定に当たってのヒアリング調査(アセスメント)を行います。
ヒアリングは生活状況、就労意欲など、100項目程度の内容ですが、難しくはありません。

05

障害者福祉サービス受給者証の交付

認定調査の結果、サービス受給が認められると「サービス受給者証」が交付されます。
※調査の状況によっては認定されない場合があります。その場合、
当事業所はご利用いただけません。

認定調査の日程が決まりましたら、当事業所にご連絡ください。

06

ご契約・ご利用開始

サービス受給者証が交付されましたら当事業所とご利用契約を結びます。
利用契約に関する了解事項などをご説明しますので、ご了承いただいたうえで利用契約書にサインをしていただきます。(障害の程度によってはご家族や同行者の代筆も可)
利用契約を交わした後、サービスご利用開始となります。

07

ヒアリングの実施

利用開始の際、生活状況、通所方法など各個人の基本情報と、就労に向けての意欲、能力、スキルなどについて、ヒアリングを行います。
これより各個人のフェイスシート(基本情報)とアセスメントシート(就労内容)を作成します。当事業所職員が利用者の方々の情報を共有するための”カルテ”となります。

08

個別支援計画書の作成

フェイスシートとアセスメントシートをもとに、利用者の個々の状況に合わせた「個別支援計画書」を作成します。
原則3カ月ごとにアセスメントシート・個別支援計画書の見直しを行います。

09

訓練・作業開始

「個別支援計画書」に基づき、訓練・作業を実施していきます。
利用者によって訓練の進み具合、成長度合いは様々です。個々の状況に合わせた訓練・作業が実施できるよう、見直し・改善をしながら訓練を進めていきます。
個々の訓練状況、就労意欲により、就職が決まることがあります。

訪問マッサージ

訪問マッサージ

商業施設やスポーツ施設などにマッサージ師を派遣いたします。
ベッド・送迎は当方で手配します。
集客のためのイベントやスタッフ様への福利厚生としても、ご利用いただけます。

30分:1500円(税込)
※個人宅への訪問は対応しておりません。

ご依頼フォーム

ご依頼やご相談などお気軽にお問い合せください。
の項目は必須になります。

お名前
電話番号
メールアドレス
備考